今でも首の裏面は違和感があります

あたいは数日前にふらっと、首の裏面が痛くなってしまい、曲げられなくなってしまいました。
なので、痛苦を燃やすために湿布を貼りましたが、動くと痛苦があり、盛り上がりも悪くなってしまいました。

痛苦が何やら引かないので、痛苦おしまいの薬を飲んだら、痛苦がなくなっていきました。
とは言え、ずっと薬を飲んで行くわけにもいかず、しかも首を曲げられないは多々不自由だ。

なので、あたいが思ったのは行為手薄から来ているのではないかと思いました。
そのため、意識してあるくようにしました。

その効き目があり、少しずつ首の痛苦が引いて赴き、首も曲げられるようになりました。
でも完全に治ったわけではありませんでした。

一心に考えてみたら、首の後ろの痛苦は只今始まったことではありませんでした。
とっくから少しずつ痛苦が増えて行ったのかもしれません。

そこで、何気に歩きつぼを通してみたら、一端が非常に痛みを感じるところがありました。
歩きつぼのイラストレーションで確認してみると、頚椎の近辺でした。

痛みがある周辺を念入りに毎日マッサージするようにしました。
すると、痛みがあるところが少しずつ痛苦が和らいで出向くのを感じました。

それと同時に首の後ろの痛苦もなくなっていき、首もかなり曲げられるようになりました。
今でも首の裏面は違和感があります。

但し、曲げられないほどではないので、体操の首の行為も一概にできるようになりました。
歩きの裏には全身のつぼが集まっていると言います。

体のどこかに痛みを感じる時は、歩きつぼで確認してみるのは良い方法です。
首が治らなければ、病院に行かなければいけないかと思いましたが、それ程手軽な方法でさっぱり変化出来たことは良かったとしています。

やり方は大して身近な方法でもらえることが多いのかもしれません。
これを機に歩きつぼ習慣をつけて赴き、痛く達する前の警護を強化していきたいだ。ヒルドイド軟膏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です