ロングライドのマンネリ化

私の好みは自転車で、それについての健康維持って減量に関して紹介したいと思います。

泳ぎと自転車は有酸素運動って無酸素行動が、交互にできる理想の行動と言われています。
これは減量においても、全く効果的な結果、自転車においては通常の外圧で脈動枚数を一定水準に保ちつつペダルをこぐ行動が、有酸素運動。

また厳しい外圧で一時的に脈動枚数を上げ、ダンシング(サドルから腰をあげボディを影響に揺らしながら良いテンポといった手っ取り早いステップを繰り出す走法)しながらこいだりやる行動が無酸素行動になるかと思います。

これが自転車を走るなかで前述の有酸素運動といった無酸素行動になり、減量って躾になり、ロングライドの中であたいは、フラットのシグナル周辺がない流れや、単なる坂道でダンシングをし、脈動枚数を故意チックにあげ、また一定のサイクルに戻し、滑るといったことを行いました。

自転車は好みでやっていたので、そんなにう言うことを摂る点に関して動揺や駄目はそこまで感じず、やっぱりロングライドのマンネリ化を防いだり、スパイスにもなったりしました。
あんなそんなを続けていく中で、僅かづつ体の改善も見えてきました。

とても肺活量が目立ち、坂道で息吹があがりづらくなりました。脈動枚数もここらなしか良い界隈を割りとキープできるようになりました。これはライフサイクルで健康維持にも引っ付き、ターミナルで列車に跨るために駈け歩きをするといった少しの行動が苦にならなくなりました。

ここから自分なりの行動の良い螺旋が産地ウエイトが逆に増えました。
ほぼ代謝がよくなり、筋肉がついたからかと思います。

しかしながらブリーフのボリュームは少なくなったので、極めて有難く捉え、結果的に健康維持・減量になったのではないかと思います。ペニス増大サプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です